ナチュラルヘルシースタンダードエキストラヴァージンココナッツオイルの効果A

こちらでは、先ほど挙げたナチュラルヘルシースタンダード エキストラヴァージンココナッツオイルの素晴らしい特長が、どのように健康効果をもたらすかについて、少し具体的にご紹介いたします。

 

・抗酸化作用・・・体内で発生した活性酸素は、細胞を損傷させて生活習慣病や老化の原因となります。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸から合成されたケトン体の主成分が、豊富に含まれる天然ビタミンEとの相乗効果で活性酸素が細胞を傷つけるのを防ぎます。

 

・ダイエット・・・中鎖脂肪酸は、他の油の含まれる長鎖脂肪酸と違って、体内に脂肪として蓄えられることなく、消化吸収が4倍、代謝は10倍もの早さで分解・燃焼分されます。さらに、中鎖脂肪酸から合成されるケトン体が、ブドウ糖にとって代わって体内のエネルギー源となるため、体内に蓄積されていた脂肪が燃焼され出すのです。

 

・認知症、アルツハイマー病の予防研究に・・・ケトン体がブドウ糖に代わって体内のエネルギー源として使われることで、ブドウ糖が脳細胞に吸収されにくくなることで起きるアルツハイマー型痴呆症の改善に関する研究材料として注目を浴びています。

 

・コレステロール値を下げる・・・中鎖脂肪酸は代謝を促進する過程で善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

 

・狭心症・心筋梗塞等の疾患の予防・・・このような動脈硬化を原因とする病気は、動脈の中性脂肪酸やコレステロールが原因となるため、コレステロール値を低下させ、肥満を防ぐ効果のある中鎖脂肪酸はこれらの病気のリスク軽減に役立ちます。

 

・抗菌作用・・・ラウリン酸はという成分は母乳にも7%ほど含まれ、赤ちゃんの免疫力を高めるための重要な働きをします。ココナッツオイルにもラウリン酸は含まれていて、その割合はなんと50%にも及びます。そして、ココナッツオイルのラウリン酸は、インフルエンザやヘルペスその他の微生物にも優れた抗菌効果を発揮することがわかっています。

 

・便秘・・・ココナッツオイルは、腸の繊毛に浸透して腸の汚れを取り去る効果があります。その効果がいわゆる宿便の排出に役立つので便秘解消にも効果的です。

 

・皮膚治療薬として・・・ラウリン酸による抗炎症作用、抗菌力、抗酸化力が皮膚の保湿効果とともに優れた抗菌作用が皮膚治療に役立ちます。傷口の治療や、ニキビ、そして免疫力を高める効果があることから、アトピー性皮膚炎の治療にも有用とされています。

 

・日常のスキンケア・ヘアケア・・・ココナッツオイルの保湿効果は日常のヘアケアやスキンケアにも素晴らしい効果を発揮します。マッサージに活用すると、頭皮や髪が健康になり、お肌を健康に保ち、しっとりとしたツヤを取り戻すことができます。また、紫外線予防効果も期待でき、お肌に刺激を与えず、マイルドにメイクを落とすクレンジングとしても多いに活用したいところです。

 

 

このように、ココナッツオイルの効果は驚くほど多岐にわたり、そしてそれぞれの効果をかなりはっきりと実感することができます。本当に素晴らしい万能オイルですね